• 2020/01/05 更新

〜治療例紹介〜  下腿三頭筋内側頭肉離れ

〜治療例紹介〜  下腿三頭筋内側頭肉離れ

テニスレッグとの俗称を持っているほど、テニスプレイヤーに多いこの怪我


 


今回の患者さんはテニスプレイヤーではなく、フットサルでの受傷
切り返しの動作などの際によく起きる怪我です。


 



肉離れの受傷直後はアイシングや圧迫などの処置が必要ですが、


それは置いといて、その後のお話


 


 


肉離れからの自己治癒過程の中で、損傷した筋肉はコラーゲンによる修復で繊維化という現象を起こしていくのですが、


この繊維化された組織が過剰に増殖すると、筋肉の再生を阻害し、肉離れを再発する原因となってしまいます。


そのため、いかにこの繊維化を抑えて、筋肉の再生を促すかが肉離れの治療をしていく上で非常に重要なポイントになってきます。


 


 


肉離れを起こした後に、治ったと思ってスポーツ活動を再開したものの痛みや違和感を感じ来院される方のほとんどの方でこの繊維化された組織が見られます。


 


これらの治療にはマッサージ、鍼灸、物理療法などが必要になってきます。


 


肉離れした後の感覚が良くない方
きちんと治したい方
ぜひご相談ください。