• New!2021/01/13 更新

内反小趾 → 腸脛靭帯炎

内反小趾 → 腸脛靭帯炎

市民ランナー様治療
腸脛靭帯炎&…



昨年右膝の腸脛靭帯炎がきっかけでご来院頂いた患者様


「左も腸脛靭帯炎っぽくなりまして」とのことでの再来院


(腸脛靭帯炎とは膝の外側が骨の出っ張りと腸脛靭帯の摩擦で起きるランナーの方に多くみられます)


左膝•大腿部の状態を診て
張りの強さと軽度な痛みはあるようでしたが、
「これくらいの状態で来て頂けるのはすごく良いことですね〜」


なんて話してたら…


あれあれ⁉️👀


左足の第五趾(小指)が四趾とくっついててしかも血豆になっちゃってるじゃないですか


(写真はいずれも施術終わりで撮ったので通常の状態に戻ってのものです💦治療前写真撮っとかなくてごめんなさい😫)


第五趾が四趾に向かって引っ張られてるような状態を「内反小趾」と言います。


指を曲げる力の利きも悪くなってます。


「この血豆って膝の痛みが出る直前じゃありませんでしたか?」って聞いたらドンピシャ


今回腸脛靭帯炎になりかけてたのは完全にコレが原因ですね🤔


第五趾の血豆での痛みにより荷重バランスが崩れた状態でのランニング
つまりフォームが乱れたまま走ったことにより生じたもの



内反小趾は外反母趾と違って、
足の先端が細くなり圧迫されるような靴•靴下を履くことで比較的簡単に生じてしまいます⚠️


それと筋肉や関節の動きが悪くなった状態って他の部位に対する負担を大きくし、簡単に怪我の原因になりえてしまうんです💦


ちなみにこのような状況で足の方の問題にアプローチせずに、
膝周囲へのアプローチにばかりとらわれていると、
その時は膝の状態が一時的に改善してもまたすぐに痛みが再発してしまいます。


原因から探るアプローチが非常に大事🤓


痛みがあるような状態だとどうしてもまず様子見をしてしまいがちですが、
今回の方は昨年の治療経験から「.すぐに治療に行った方が良い」と思って頂けたことがすごく大きいです。



最近施術をさせて頂いていて、
リピーターの皆様からこれまでの施術体験を受けての「信頼」として、
身体の不調に対して早い段階でいらっしゃって頂けていることが本当に多く大変嬉しく思っております😢



今後も皆様からの「信頼」に足る施術をしていくことで、
皆様に健康的な生活•コロナ禍においての充実した生活を提供できるよう尽力致します🙇‍♂️



Athliv. sportsmassage tokyo ginza is
forever partner of your life.


「お着替え用意しております。クリーニング済みの清潔な衣類を上下無料提供しておりますので、スーツ・シャツの型崩れが心配な方も安心してご来院ください」


Athliv. sportsmassage tokyo ginza
〒104-0061 東京都中央区銀座4-3-2銀座白亜ビル6F
TEL.:090-7222-5381
MAIL:sportsmassage@athliv.tokyo


#athlivsportsmassagetokyoginza #athliv_tokyo #スポーツマッサージ #マッサージ #鍼灸 #オイルマッサージ #出張マッサージ #筋膜リリース #市民ランナー #ランニング #内反小趾 #腸脛靭帯炎 #ランナー膝 #スポーツ治療 #パフォーマンスアップ #アスリート #トレーナー #マッサージ師 #鍼灸師 #銀座マッサージ #東京マッサージ #銀座 #東京 #sportsmassage #massage #acupuncture #oilmassage #myofascialrelease #tokyomassage #ginzamassage