• 2020/09/05 更新

英語

英語

本日ご新規のイギリス人の方にご来院頂いたのですが、


当院に初来院された方にはリサーチのため来院動機を伺っておりまして、


本日も伺ったところGoogleで「『sportsmassage tokyo』で検索したら1番上に出てきたし、レビューも良かったから」と仰って頂けました。


いやー嬉しい限りですね🥺


ってか、英語で『sportsmassage tokyo』だと一番目に出てくるようになってたのは気付いてなかったです😅 治療院の名前からしてすっごいアドバンテージを受けれてる気がしますし、名前をつける時にはそんなこと意識してなかったんで完全にラッキーですね😂


まぁでも日本語として「スポーツマッサージ 東京」だとGoogleマイビジネスの方のマップの方だといつもだいたい7番目前後くらいだったりするのですが、


この規模でやってる上では大健闘と言って良いところかもしれませんが、ここに関しては貪欲にもっと上を狙っていきたいですハイ( ー̀ωー́)


ところで話はすごく変わりますが、 コロナ以降で外国人旅行者が日本に入ってこれなくなってるから激減しておりますが、


それでも当院、外国人の方にいらっしゃって頂く機会がわりとありまして、


その理由としてはやはり、レビューに外国人の方がボクのへったくそな英語でも「英語対応可能」って風に書いてくださっている部分がすごい大きいと思うんです。


ハッキリ言ってボクはこの鍼灸マッサージ師という仕事をするにあたって、まさか自分がこんなに英語を使って仕事をするようになるなんて全く想像していませんでした。


だからこそ声を大にして言いたい


鍼灸マッサージ師、柔整師、PTの学生さんの皆さん 英語めっちゃ勉強しておいた方が良いと思います。


ボクのへったくそな英語でもアドバンテージになりうるんです。 だからこそ本科的に英語が得意であればアドバンテージめちゃめちゃ大きくなります。


さらにスポーツトレーナーになりたいという学生さん プロや実業団ともなればほぼ必ず外国人選手います。 そんな時代ですからトレーナーに英語力は必須と言っていいレベルです。


ボクが大会時などにサポートさせて頂いている山口県にある7人制女子ラグビーチーム「ながとブルーエンジェルス」は所属選手の約半数近くは外国人選手


言うたらもう文化としては完全に海外 日本国内なのにある意味アウェー


そこで常駐で働いているアスレティックトレーナーのナチさんは英語ペラッペラなんです(ナチさん勝手に名前出してごめん🙏)


多少会話するには自分で英語で喋ってるけど、


細かい部分の会話は完全にナチさんに助けてもらってます😂


そんなこんなだからこれからの時代を担う鍼灸マッサージ師、トレーナーの卵の方々には是非とも英語に重要性を感じてもらいたいと思います。


ボクも頑張れって話ですねハイ😗💦


Athliv. sportsmassage tokyo ginza is forever partner of your life.


「お着替え用意しております。クリーニング済みの清潔な衣類を上下無料提供しておりますので、スーツ・シャツの型崩れが心配な方も安心してご来院ください」


Athliv. sportsmassage tokyo ginza 〒104-0061 東京都中央区銀座4-3-2銀座白亜ビル6F TEL.:090-7222-5381 MAIL:sportsmassage@athliv.tokyo


#athlivsportsmassagetokyoginza #athliv_tokyo #スポーツマッサージ #マッサージ #鍼灸 #オイルマッサージ #出張マッサージ #筋膜リリース #鍼灸学生 #学生トレーナー #人気店 #あはき学生 #englishavailable #マッサージ専門学校 #パフォーマンスアップ #アスリート #トレーナー #マッサージ師 #鍼灸師 #銀座マッサージ #東京マッサージ #銀座 #東京 #sportsmassage #massage #acupuncture #oilmassage #myofascialrelease #tokyomassage #ginzamassage